Return to site

機械学習エンジニアの年収相場

機械学習エンジニアが今転職すれば、年収UP確実!?

· 機械学習エンジニアの転職

いいエンジニアなら1500万円以上でも獲得したい

AI・機械学習・DeepLearningの注目があつまる昨今、機械学習・DeepLearningを活用した新たなサービスを打ち出したり、業務の変革をしたいと考える企業が増えてきています。

 

すでに、社内に機械学習のわかるエンジニアを抱える企業も、まだデータはあるものの活用しきれていないと考える企業も、機械学習エンジニア・データサイエンティストを採用したいと考えており、採用の難しさから年収の予算はうなぎのぼりです。

 

企業によっては、1500万円以上の予算は準備している、とお話される人事の方もいらっしゃいます。

 

年収を上げるために、評価されるポイントは?

評価されるポイントは、他の業種と変わらず、基本的には実績です。

データサイエンティストの職種であれば、論文や過去の研究結果、担当したプロジェクトの改善効果などです。機械学習エンジニアであれば、新たなサービスなどを生み出した実績や、プロジェクトマネジメント能力、具体的な技術力が求められています。

高年収のポジションでは、新たな理論や技術にキャッチアップしていること、データサイエンティススト・エンジニアとしてのセンスなども問われます。

ただし、機械学習エンジニアのニーズが高まっているため、機械学習のプロジェクト経験があるだけでも、まずは会ってみたいという企業も増えています。

年収相場が変わる今、機械学習エンジニアのチャンス

東証一部に上場、誰でも知っているIT企業の方とお話した際に、機械学習エンジニアで転職される方が増えている話をうかがいました。

大手企業なのである程度の給与は支払っているものの、給与テーブルが決まっているので、機械学習エンジニアだからといって、上げられる額は限られているので、他社に引き抜かれてしまう、とのことでした。

仕事内容も、大手企業よりも先端の内容にチャレンジしている少数精鋭の企業も多数出てきています。自分のフィールド、視野を広げるためにも、一度転職活動をしてみるのも良いのかもしれません。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly